顧客管理(CRM)

顧客管理

CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、日本語では「顧客関係管理」と呼ばれます。顧客との関係性、コミュニケーションを管理し、顧客の視点に立ったマーケティング活動によって良好な関係を維持するために活用するツールです。

CRMは「顧客との関係性を管理する」ためのものです。そのため、顧客情報に加えて、顧客とのコミュニケーション履歴を時間軸に沿って蓄積していくことができ、一元管理することができます。(ここ重要)
こうして蓄積された情報は、チーム内でリアルタイムに更新・共有でき、さまざまな切り口で抽出し、分析することができます。膨大な情報を基に、現在の顧客との関係性を踏まえ、最善のアクションを導き出すためのツール。それがCRMの本質です。

新たなツールやシステムは、使い慣れるまでは少々時間がかかります。それによってワークフローも変化しますから、現場としては「やりにくさ」を感じることもあるでしょう。その点では、CRMも他のビジネスツールと同じです。しかし、その効果を理解し、 正しく運用できれば、営業業務を効率化し、大きな成果を得ることができます。

営業支援(SFA)

営業支援

SFAとは「Sales Force Automation」の頭文字を取った略語で、日本語では「営業支援システム」と呼ばれています。営業部門のメンバーの行動や、商談の進捗状況とその結果を情報として蓄積・管理し、効率的に売上へと結び付けるためのしくみでありツールです。

  • 個々の商談を時系列とともに管理する「案件管理機能」
  • 無駄のない営業活動を実現する「活動管理機能」
  • 戦略的な営業が実践できる「顧客管理機能」

これらSalesforceの機能を使って
単なる売上向上はもちろん、より大きな成果をSFAによって得ることが可能です。

経営指標(ダッシュボード)

ダッシュボード

顧客情報や商談を管理することによってリアルタイムで売上や売上予測などの細かな数字の見える化が可能になります。

もちろんモバイルでも閲覧ができるので、いつでもどこでも経営に必要な指標が手に取るようにわかるようになります。
いままでエクセルなどを駆使して表示してきたグラフなどが自動的に反映されるので手間が軽減されます。その節約した時間は次の一手を考える時間に使えるようになります。

この他にもSalesforceをカスタマイズすることでさまざまな視点で生産性向上を図ることが可能です。
NPウォンツと一緒に顧客管理、営業支援を通して企業の成長を目指しませんか?
ご質問、ご依頼は下記お問い合わせかお電話で。
Salesforceのページへ
HOMEへ戻る

お問い合わせ

アクセスMAP